>  > ソープデビューした時のこと

ソープデビューした時のこと

デリヘル嬢になろうかなと思っていて風俗求人を見た時のことです。いろんなサイトを見ているうちになぜかソープ店まで検索するようになってしまい、高収入と待遇面でソープの方がいいかもと思ってしまいました。結局ソープ店、デリヘル店の1店舗ずつ面接を受けたのですが、明らかに店長はソープ店の方がいい感じで先に採用してくれたためデリヘル店にはお断りを入れて厄介になることにしました。初めてのお客さんにははっきり言って何もできませんでした。自分からしゃぶるとか積極的に言葉攻めをするとかできなくて申し訳なかったのですが、「今日がデビューなんだ。じゃあ俺超ラッキーじゃん!」と喜んでくれるという神対応。その上長い間クンニをしてくれてかなり感じてしまいました。年も結構近く、カッコよかったため「これむしろこっちがお金を払うべきなのでは」と思うような感じでした。もちろんこんなにいいお客様ばかりではないのですが、最初にプレイしたお客さんのことはずっと覚えているもので、その方がいる限り私は必要とされている以上は自分から辞めるとは言わないのではないかと思います。

[ 2016-01-15 ]

カテゴリ: ソープ求人体験談